見学会お申し込み
資料請求
お問い合わせ MK3_6632
【NEW】4月 南陽市俎柳 見学会情報
不動産情報
News

ニュース・トピックス

職人の現状

pic_sec01_04

職人の現状

ようすけです。

消費税10%への増税も見送りになり

住宅計画を改めて考えてらっしゃる方も

多いと思います。

 

増税前には、全国住宅棟数は100万戸と言われていました。

2030年には、約40万戸と大幅に新築は減ると言われております。

住宅棟数だけではなく、現場で働く職人さんも減ってきています。

 

 

 

HPにも記載しております。

過去20年間で、

25歳以下の職人は約80%減少(25万人→5.2万人)

25歳以上の職人は約33%減少(40万人→27万人)

職人離れ、技術離れが進んでいます。

 

 

pic_sec01_06

pic_sec01_05

pic_sec01_04

写真の大工は我社の大工です。

(大工の中の若手3人の写真です)

社員として大工を育成しています。

中には10代の大工や20・30代の若手の

大工も多くいます。

 

家の作りも以前多くあった在来工法よりも

パネル工法、2×4(6)工法が多くなってきています。

それだけではないですが職人の場が減っているのかもしれません。

 

 

これから職人不足の時代になることは間違いありません。

職人が減っていくということは、

お客様のお家のメンテナンスにも

大きく影響してきます。

 

我社では職人を育成し、お客様のお家を

20年後、30年後と共に最適な住環境を

作って行きたいと考えております。

 

 

住宅会社を見るうえで、ぜひ会社の取り組みや

将来の展望なども含めて見て頂ければと

思います。

 

Facebookページはこちらから

家具サイト「Gino」はこちらから

見学会WEB予約はこちらから

 

 

 

 

 

 



2016年06月06日