見学会お申し込み
資料請求
お問い合わせ 無題
【NEW】11/23(木)25(土)26(日)川西町上小松完…
STAFF募集中
News

ニュース・トピックス

雪国でも暖かい暮らしをするために

pic_sec02_01

雪国でも暖かい暮らしをするために

よしむらです。

 

今回は置賜地域のような雪深い地域でも

冬暖かく快適な暮らしをするために

皆様に注目していただきたいことをお伝えします!

 

まず、お伝えしたいことは、冬季の快適な室内環境の条件があるということです。

 

これはISO(国際標準化機構)によって定められているので

国際規格として認められています。

【冬季の快適条件(ISO7730)適度な温熱環境】

①効果温度22±2℃

②頭部と足下の温度差は3℃以下

③床表面温度は26℃以下(部屋の周囲は29℃を許容)

④平均気流速度は0.15m/s以下

⑤冷壁面(窓表面など)と放射温度の温度差は10℃以下

⑥天井加熱面の表面は+5℃以下

 

このように決まっています。

 

住宅内の温度差を小さくすることでより快適な温熱環境を作り出すことができます。

 

温度差を小さくすることでのメリットは

①余分に冷暖房をしなくても済む(光熱費の削減)

②体調を崩しにくい(医療費の削減)

などが考えられます。

特に温度差が大きい住宅の場合

例えば、玄関やお風呂場が寒いなど・・・

 

ヒートショックが引き起こされる可能性が高くなります。

(ヒートショックについては以前のブログで詳しく書いていますのでそちらも合わせてチェックしてみてください!)

 

住宅内の温度差を小さくすることは住まう家族の健康にも繋がります!

 

 

さて・・・

冬季でも快適な住宅にするためにはどうすればいいのか?

 

気になる方はぜひ当社の見学会にいらしてください!

 

私達が皆様の疑問にお答えします!

開催中の見学会情報はこちらから

Facebookページはこちらから

家具サイト「Gino」はこちらから



2016年05月31日