見学会お申し込み
資料請求
お問い合わせ 無題
【NEW】11/23(木)25(土)26(日)川西町上小松完…
STAFF募集中
News

ニュース・トピックス

24時間換気システムのアフター

24時間換気システムのアフター

こんばんは、りゅうこうです。
本日は24時間換気システムのアフターに行ってきました。
伺ったのは、和風平屋建てのK様邸。

長年住まれてもとてもきれいにされていました。
私たちの会社では、ここ数年は24時間セントラル換気システムをご提供しています。
現在は義務化されている24時間換気ですが、
方法は様々。
大別すると、
第1種
第2種
第3種
の3種類になっています。
違いは、
「給気」と「排気」のどれを機械化してるか、
ということ。
具体的にいうと、
第1種は「給気」「排気」どちらも機械にて行ってます。
空気の流入の制御がしやすく、熱交換型の換気扇を導入する場合はこのタイプに
なります。
第2種は「給気」を機械にて。
この方式は工場やクリーンルームなど衛生が必要とされる特殊な部屋に使われます。
結露に注意が必要!!
第3種は「排気」を機械にて。
実はこの方式が戸建て住宅では一番採用されています。
理由はランニングコストが安く、結露もしにくいため!
このような換気方式ですが、一つ重大な注意が必要で、
「気密性がしっかりとられているか!?」
の確認です。
(ちなみに「気密がよい」=「家の隙間がない」ことです。)
気密性が低いと24時間換気システムを作動させたとき、
屋根裏や、コンセントの隙間なんかから、外の空気が入ってきてしまい、
ちゃんと換気されません。
ですから、「気密性」。。。かなり重要。。
ちなみに私達の建物は気密がしっかり取れる工法と
計算された換気システムをご提供していますので、
ご安心を。
そんなK様宅は第3種換気システムです。
屋根裏から手を伸ばして、、、、

カチャカチャ、、、、

入居されてから、はじめての掃除でしたが、
思っていたより、かなりきれい!!
まだこれからお伺いしなければならないオーナー様もたくさんいます。
お掃除部隊行きますので、
そのときはよろしくお願いします!!



2011年10月25日  | りゅうこう