Ciel

COLUMN コラム

住宅の豆知識

換気システムについて

 

今回は換気システムについてご紹介します。
現代の住宅は気密性能・断熱性能の向上により、昔の家に比べ家の隙間から自然な換気が起こりづらいため、換気が不十分になると湿気が溜まり結露の原因になります。
2003年の建築基準法の法改正で24時間換気システムの設置が義務付けられ、計画的な空気の入れ替えを行うことは当たり前の時代になっています。
そこで換気システムについて詳しくご紹介しましょう。

目次
24時間換気システムとは?

第1種換気
第2種換気
第3種換気
換気システムは止めてもいいの?
最後に

                                 

  24時間換気システムとは?

窓を開けずに外の空気を室内に、室内の空気を外に入れ替えることを言います。

換気の方法としては、給気(外からの空気を家の中へ)と排気(室内の空気を外へ)を機械で行うか、自然の空気の流れを利用するかどうかで3つの方法があります。
そこで3種類の換気方法とメリット・デメリットをお伝えします。
 
 
  第1種換気
 

給気と排気の両方を機械によって強制的に換気する方法。

メリット  窓の開閉による影響を受けにくく、空気の流れを比較的にコントロールしやすい。
 熱交換型の換気を使用すると室内の温度・湿度に近い換気が可能となる為、電気代を抑える事ができる。
デメリット  給気と排気のどちらも機械で行うため、機械設備へのイニシャルコスト・ランニングコストがかかる。
 

 

  第2種換気
 
給気は機械で行い、排気は自然換気で行う方法。
この方法は住宅で使用されることは少なく、主に工場の無菌室・クリーンルームや病院の手術室などで使用されています。
 
メリット  機械設備の設置が給気側のみのため、第1種換気に比べるとコストが抑えられる
デメリット  排気が充分に行われないため、結露の原因になることがある
 

 

  第3種換気
 
給気を自然換気で行い、排気は機械で行う方法。コスト面で費用を抑えられることから住宅でよく使用されいています。
 
メリット  機械設備の設置が排気側のみのため、第1種換気に比べるとコストが抑えられる
 排気を機械で行うため、結露が発生しづらい
デメリット  給気が自然換気で外の空気がそのまま入るため、その分暖冷房のコストがかかる
 
 

 

  換気システムは止めてもいいの?
 
「ランニングコストがかかるし、使わないとき換気システムは止めよう」と考える方がいるかもしれませんが、それは危険です!もし止めてしまうと、シックハウス症候群になる危険性が高まったり、結露・カビの発生の原因になってしまったり・・・。
健康面の安全性を守るためにも換気システムは止めずに生活しましょう!

 

  最後に
 
今回は換気システムのそれぞれの特性や重要性についてお話しましたが、暮らしの中でとても重要な役割を担っていることは知っていただけましたか?
弊社では第1種換気・第3種換気どちらの施工も可能で、お客様の住まい方やご予算に合わせてご提案致します。
また詳しく知りたい、実際の設備を見たい、住宅を体感してみたいという方は、ぜひ一度お越しくださいませ。
詳しいスタッフが納得のいくまで丁寧にご説明いたします! 
 

現在公開中のモデルハウスや完成見学会についてはこちらからご覧ください!