Ciel

COLUMN コラム

シエルホームデザインの取り組み

ホビースペースについて

シエルのお家にはホビースペースというお部屋がよく登場します。
今回はホビースペースについてご紹介していきます。

目次
ホビースペースとは?
シエルのご提案
最後に

  ホビースペースとは?


「ホビースペース」言葉で耳にした事はあるかもしれませんが、
どんなお部屋なのか部屋名からはよくわからないかもしれません。

ホビースペース(Hobby Space)とはどんな意味なのか辞書で調べてみました。
hobby=趣味・道楽   
Space=空間

直訳すれば『趣味のお部屋』といえます。
趣味のお部屋ですので広さも空間の利用方法もお客様次第で何通りもできるのです。

シエルのお客様に多くいらっしゃるのが、
お子様の勉強や読書、遊びのスペースに利用したいとおしゃられる方が多いように思います。

その他には旦那様や奥様のお仕事の場、映画を楽しむ場、晩酌の場、ゆっくりされる癒しの場。などもあります。

「リビング学習」という言葉をご存じの方も多くいらっしゃると思います。
“東大生の多くがリビングで勉強をしていた”という話から、必ずしも子供部屋に学習机を置いて個別に勉強させなくても良いのかも。。。
という親御さんが増えたのかもしれません。

現に小学生くらいまでは子供だけで宿題をするのが難しく、親のサポートが少なからず必要ですよね。

 

  シエルのご提案


シエルではお客様のご要望をお聞きした上で、
どんな利用目的の場合でも共通して間取りを設計していることがあります。

それは『ホビースペースから家族を感じらえる配置にすること。そして目線が合うこと』

部屋にこもって一人で趣味や学習に没頭するというよりは、開放的な空間で家族の気配や音を聞きながら楽しんでいただきたいからなんです。

具体的にはリビングやキッチンの近くに配置することが多く、学習や成長には「子どもに安心感と自信を与える」ことが大事だといわれていて、キッチンに立っているお母さんと目線を合わせて話しながら、見守られながらの学習は間違いなく安心感につながると思っています。

目線を合わせるためにスキップフロアーといって、床の高さを60cmから80cm上げた空間にすることが主流になっています。

広さは最低でも1.5帖くらいからでしょうか。上限はもちろんありません。

今回は学習のことをメインにお話ししましたが、旦那様が映画鑑賞がご趣味でテレビの前に大きなスクリーンを下げてプロジェクターで投影し、スキップフロアーのホビースペースからお酒を飲みながら見る。といった男の夢を実現されたお客様もいらっしゃいました。

  最後に


いかがでしたか。
ホビースペースの使い方はお客様次第です。

次のお客様がどんなホビースペースを望まれるのかお聞きするのが今から楽しみです!