Ciel

COLUMN コラム

住宅の豆知識

家づくりにおける耐震について


 突然ですが、皆さんがお家づくりをするうえで大事にされるポイントはどんなところでしょうか。
“デザイン”、“断熱”、“価格”など様々ありますが、「耐震」について重要視されるお客様は非常に多いです!もしもの震災に備えておくことはとても重要ですよね。
「耐震」ついてポイントと過去の施行例をご紹介します。

目次
耐震の判断基準
過去の施行例
最後に

 

  耐震の判断基準 


さて、「耐震についてどのように判断すれば良いのかわからない。」という方に是非確認していただきたいのが「耐震等級の実績」です。耐震等級は大まかに分けると等級1から等級3までに分けられ、最高等級の耐震等級3は震度7の地震に耐えうる耐震性能になります。
ここでポイントになってくるのが「実績」です。世の中の会社には“耐震等級○相当”と記載しているところも見かけます。それは実績ではなく想定なので、このポイントに注意して会社選びをしてみると良いのかもしれません。

  過去施行例


過去に耐震等級3を取得したお家をご紹介しましょう!

↑こちらのお家は山形市内で建築した2世帯住宅です。
付加断熱とトリプルサッシを搭載しつつ耐震等級3を取得しました。70坪クラスの大きなお家ですが1台のエアコンのみで全館空調を実現しております。


↑こちらは米沢市で建築した物件です。豪雪地帯でありながら耐震等級3を取得しました。内装はウォルナット系を使っており、大人な空間に仕上がっていますね。

  最後に


地震大国である日本において震災に備えるのは最も大切なことであるといっても過言ではありません。山形県のように震災の被害が比較的少なかったとしても、自身の身を守る住まいにはより安全性を確保したいものですよね。
耐震の対策としては構造上の話が大きく、間取りも総二階のようなきれいな形が良いとされています。柱を揃えることで“直下率”に大きく影響しますが、耐震性を重視するあまり間取りの制限がかかりすぎてしまうと好きな間取りや思い描いているデザインとのバランスが難しくなってしまいますよね。

その点に関しては是非シエルホームデザインにお任せください!過去にも耐震等級3を取得しつつも“リゾート”な住まいを多数手がけてきました。
当社の住宅設計提案は「シエルデザインファーム」というデザイナーズ集団が担当します。1級建築士及び2級建築士が10名以上在籍しており、お客様の間取りのご提案はこのデザイナーズチームで行います。
1邸ごとに全メンバーで図面の検討を行っており、お客様のご要望を叶えつつシエルホームデザインならではのご提案で性能とデザインを両立させて素敵なお家をご提供いたします。ここまでできるのは提案から施工まで自社で一貫して対応できるシエルホームデザインの強みでもあります。

また詳しく知りたい、実際の設備を見たい、住宅を体感してみたいという方は、ぜひ一度お越しくださいませ!