Ciel

COLUMN コラム

シエルホームデザインの取り組み

外壁材の種類と組み合わせ【鉄板系サイディング】

おうちの第一印象はやはり外観ですよね。
私たちも外観の形はもちろん、色使いや素材にとてもこだわりながら提案しております。
なぜなら外観の色味は、素材によっても大きく印象が変わってくるからなのです。

前回は窯業系のサイディングについてご紹介しましたが続いては鉄板系のサイディングをご紹介いたします!
最後には実際の施工例も載せておりますので是非ご覧ください。

目次
鉄板系サイディングの特徴・メリット

鉄板系のサイディングのメンテナンス・デメリット
施工例紹介

 

  鉄板系サイディングの特徴・メリット

“鉄板系サイディング”はその名の通り、金属の外壁材になります。
重さや見た目で大きく特徴がでてきますのでご説明いたします!

▼軽さ
打合せの際は実際の外壁材のサンプルを用いますが、皆さん驚かれるのが鉄板サイディングの軽さです。
打ち合わせの際は是非比べてみてください。
外壁材が軽いと、地震の際にかかる負担を軽減することができます。

▼見た目
鉄板系のサイディングはメタリックな印象があります。また最近は鉄板系のサイディングでも柄の種類やカラーが増えてきて選べる幅が広がりました。
細め・太めラインやウェーブライン、石目模様まで様々ございます。

特に豪雪地域では窯業系サイディングに比べて凍害が起こりにくいために、多く採用されております。
東北・雪国だからこその選び方ですね。

 
  鉄板系のサイディングのメンテナンス・デメリット


窯業系のサイディングよりメンテンナンスが簡単ともいわれますが、
鉄板系サイディングでもメンテナンスは必須です。
外壁材のへこみや亀裂、表面の変退色等がみられたら再塗装やシーリング打ち替えをおすすめいたします。

デメリットとしましては材料が金属の為に修復が難しい点にあります。
例えばボールや雪玉をぶつけてへこんでしまった場合や、既にサビてしまった場合は外壁の張り替え工事が
必要になります。

既に鉄板系のサイディングで建てられている方は以下の項目をチェックしてみてください!

  □ 外壁材にへこみ・変形・こすれがないか
  □ 外壁材に変退色・落ちない汚れがないか
  □ シーリング部分に切れ・はく離・ひび割れがないか
  □ サビ等起きていないか

 

  施工例紹介


外観の作り方は鉄板系サイディングだけの組み合わせだけではなく、前回紹介しました窯業系のサイディングとの組み合わせでもご提案しております。
組み合わせの外観は、メタリックの格好良さと重厚感が掛け合わされて目を引くデザインになります!

今回はその例をご紹介いたします。

 

▼1枚目
ベース:ブラックの鉄板系サイディング
アクセント:グレーと木目の窯業系サイディング
全体的に落ち着いた色味を使い、重厚感のある外観に仕上げています。

 

▼2枚目
ベース:グリーンの鉄板系サイディング
アクセント:木目の窯業系サイディング
明るいトーンの組み合わせで施工いたしました。明るくすっきりとした印象をうけますね!

 

▼3枚目
ベース:黒の鉄板系外壁
アクセント:木目の窯業系のサイディング
縦のラインが強調された外壁が格好良さを演出し、2階部分のアクセントが強調されていますね。

 

もちろんこのほかにもさまざまな柄や色・組み合わせがございます。
是非担当のコーディネーターへご相談ください!

次回は窯業系、鉄板系以外の外壁材をご紹介していきます。お楽しみに!