Ciel

COLUMN コラム

住宅の豆知識

お家づくりのスケジュール【祭事】

今回はお家づくりのスケジュールの中でも、祭事についてご紹介いたします。
「地鎮祭」や「上棟式」という言葉を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。
一般的に神を祀って工事の無事を祈る儀式と認識されており、着工前に実施する地鎮祭、建物の一番上の部材である「棟木」を取り付ける「上棟式」を行います。
また、建物の完成を祝い、お客様へお引き渡しを行う「引き渡し式」も行います。

今回は「地鎮祭」「上棟式」についてご紹介致します。

目次
地鎮祭
上棟式

 

  地鎮祭


はじめに地鎮祭について紹介いたします。
工事着工前に行う地鎮祭は「じちんさい」や「とこしずめのまつり」と呼ばれ、建築で工事を始める前に行う、
その土地の神(氏神)を鎮め、土地を利用させてもらうことの許しを得るお祭りにあたります。
また、工事の無事と建物・家の繁栄を祈るためにも行われます。

地鎮祭では、お客様にお酒、水、塩、お米、野菜、魚などのお供え物の準備をお願いしております。
担当スタッフより事前に案内させていただきますので、ご安心ください!

また、準備するものの中に神様にお供えするお金である初穂料(玉串料)があります。
相場は2~5万円で、
地鎮祭が終わった後に神主さんにお渡しするケースが多いです。

新築工事が無事完了することをお祈りしましょう。

  上棟式


上棟式は、柱や梁を組み立てた後、屋根の一番高い位置に棟木(むなぎ)という横架材が取り付けられる儀式
として行います。

建て方が一通り終了し、完成まで工事の安全をお祈りします。
また、工事に携わった大工さんはじめ関係業者の皆さんへ、
お施主様が感謝を伝えたり挨拶をしたりする機会として執り行います。

地鎮祭と同様に、お供え物の準備をお客様にお願いしております。
また、餅まきを行う上棟式もあり、親戚ご家族の皆様が参加される上棟式は大変賑わいます。
一昔前は式後に華やかな宴会も行われたりしましたが、最近はそこまで本格的な上棟式を行うケースは少なくなり、
簡易的に行う事がほとんどです。

いよいよ完成したお家の引き渡し式です。

完成した新居にご家族の皆様にお集まりいただき、無事工事が完了したことをお祝いいたします。
玄関前でテープカットを行い、いざ新居へ。
新しいお家の匂いに包まれ、お客様のこだわりの詰まったお家を見ていただくと毎回歓声が上がります。
鍵のお渡しをはじめ、設備機器類の解説、マニュアルや完了書類の確認などを行っていただきます。

プランニングからお家完成まで、一貫して私たちシエルスタッフがサポートさせていただきますので、私たちと一緒に理想のお住まいを作りましょう。