Ciel

COLUMN コラム

住宅の豆知識

現地調査

今回のテーマは、住宅を建てるにあたり、企業側が必ず行っている『現地調査』についてです。
『現地調査』とは、お客様がこれから住まわれる土地がどういった場所にあり、どういった状態かを建築前に事前調査することを指します。
大きく4つの調査項目があるため、順を追ってお伝えいたします! 

目次
1.敷地範囲の確認
2.土地の高低差の確認
3.道路環境の確認
4.周辺環境の確認
5.最後に

  1.敷地範囲の確認


敷地には、どこからどこまでが自分の所有地かわかるように境界ラインが設けられています。
自分の敷地内であれば建設も可能ですが、もし間違えて隣の敷地まで工事の対象に入れてしまった場合、その土地の所有者とトラブルが発生してしまう可能性があります。
「うちの敷地を勝手に弄られた!」
そうならないよう、私たちはその境界ラインを事前に集めた資料と現地の情報をもとに割り出し、トラブルの発生を防ぎます。 

  2.土地の高低差の確認


土地の高低差がどの程度あるかの調査です。ほとんどの土地はまっすぐ平らな状態ではありません。
そのため土を減らす、もしくは盛ることで平らな状態にしてから建築を始めます。土地の高低差を確認することで、どの程度土を調整すれば良いか判断することができるのです。
この調査は正確さを求めるために、測量の機械を用いて進めていきます。(写真1.2) 
中には測量風景を見たことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?  

  3.道路環境の確認


敷地と接している道路の確認を行います。
車の進入路を確認することで、駐車スペースをどこにするか検討することができます。 

  4.周辺環境の確認


敷地の周辺環境の確認です。
電柱、上下水桝、塀、建物など敷地周りにあるものはすべて記録し、図面に落とし込んでいきます。 
塀が建っている住宅はよく見かけますが、塀は建築基準法により最高の高さが決められています。
塀を新設する際はこの制限を守って建築されますが、すでに現存しているものの中には長年の土地の形状変化により、その基準を超えてしまっているものもいくつか見られます。
もし制限を超えてしまっていた場合は控え壁を新設するなど何らかの対処を行わなければ建築許可が下りないため、現地調査では建築基準法上問題ないかの確認も行っています。 
 

  5.最後に


以上、これらの項目をすべて記録し図面に起こすことで、住宅設計に必要な敷地の基盤づくりが進められます。 

またこの現地調査でも、シエルの強みとする部分があります。それは、住宅の営業担当者が実際に現地調査に同行することです。 
一般的に、この事前調査は施工業者に依頼し行うもので、営業が測量することはほとんどの機会でありません。
ですがシエルの営業担当は必ず測量に同行し、実際に見てきた情報をもとにお客様と図面提案の話を行っています。そのためより近い認識でのご提案が可能となります。 

いかがでしたでしょうか。
今回は住宅を建てる際に必要な『事前調査』について、私たちが行っている取り組みを一部ご紹介させていただきました。これから皆様が住宅を建てる際には、その土地に調査員が赴きます。本記事を見て、「こういったことを調べているのか」と感じていただければ幸いです。